2015年09月23日

土留め工事完了

先週・先々週の長雨で予定より4日ほど超過してしまいましたが、やっと土留め工事が完了しました。
毎日ブログに書くほどの内容でもないので、工事中の写真をまとめてご紹介。

先々週の8日火曜日に隣地との境界を掘削開始。


バックホウショベルで大まかに掘り進め、スコップで幅や深さを調整します。
支持地盤は粘土層のようです。


ここからいきなり先週の月曜日、14日に飛びます。長雨で地盤が緩んでいるようでしたので、安全のため工事を中断していました。


境界が動かないように鉄筋を杭代わりにして保護。


掘削土はダンプに乗せてどんどん搬出してゆきます。


翌日、15日。掘削を終えた根掘り穴に砕石を入れて転圧、その後捨コンを流し込み均してゆきます。
捨コンは境界の位置を正確にうつすためと、型枠の下端を保持する役割です。


16日。捨コンの上に鉄筋とベース型枠が組まれました。


その日のうちにコンクリートを打設。型枠内に流し込んでゆきます。


打設が完了した状態。


天候と養生のため2日あけて19日。ベースの型枠を解体して立ち上がり部分の型枠を組み立ててゆきます。


この日基礎の断熱材が搬入されてきました。トラックに満載です。
手前の白いのがパフォームガード、防蟻材入りで、基礎の外周部にうち込みます。
奥の青いほうがスタイロエース。こちらは防蟻材は入っていませんが、構造木部とは遠いべた基礎の下前面に敷きこみます。


やっと今週に入り、21日月曜日。立ち上がりコンクリートの打設です。


コンクリートミキサー車から直接シューターで型枠内にコンクリートを流し込んでゆきます。


流し込んだコンクリートの表面をコテできれいにならしてゆきます。


で、本日23日。型枠を解体して埋め戻しを行い土留め工事完了です。


隣地側のスキマにも土を入れ、棒でつついたり水締めを行ったりしながら埋めてゆきます。


北側隣地は坂になっているので段々の階段状。目立ったジャンカもないようで、まずまずきれいな仕上がりです。


明日は午前中にやり方を行い、いよいよ本体工事に入ってゆきます!


posted by 上野 真二 <家工房> at 20:14| 青森 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。