2015年10月17日

屋根構造組み・垂木打ち

昨日のうちに屋根の構造、小屋束と母屋、棟木などが組み終わっていました。


屋根の構造の接合部にはカスガイを打ち込んでゆきます。『子はカスガイ』というように、2つの部材が離れないようにつなぎとめる金物ですが、ボルト締めやビス止めの金物と比べると引き抜き耐力がとても小さいので、ほとんど力がかからないところに使用します(笑)


カスガイが打ち込まれた状態。


小屋束の下端は桁上合板があるためカスガイが打ち込めないので、ビス止め金具で固定します。カスガイでいいところなので過剰強度ですが(笑)
シートと小屋束の接合部は気密テープで処理しています。


屋根の構造が固まると続いて垂木を打ってゆきます。


軒先では垂木を打つ前にタイベックシートをかけてゆきます。
軒を出さない軒ゼロ工法では、軒先から吹き込む雨水の侵入に気を付ける必要があります。


軒桁と垂木の間にタイベックシートを挟み込んだ状態で垂木を打ち付けてゆきます。
タイベックシートが一次防水層となりますので、二次防水の外壁やコーキングをこえて雨水が侵入した場合でも、軒の位置よりできるだけ高いところまでタイベックシートを貼りこんでおくと内部に雨水が侵入するのを防ぐことができます。


垂木は一般的な45×45や45×60より一回り大きい45×105を使用しています。その分、屋根の構造、小屋束や母屋は少なめの1365間隔です。
桁上断熱を敷きこむとき、小屋束がぶつかる部分は断熱材を切り欠いて納める必要があるので、小屋束はなるべく少ないほうが後で楽になります。
この太めの垂木を、上部から専用のビス『タルキック』で頭から止めてゆきます。105ミリの垂木を止めるため、タルキックは150ミリもあります。


上部や中間部もすべてタルキックを使用。


ウッドバルコニーの上部は桁上の合板がないので、安全のために落下防止ネットがかけらていました。


先張りシートは打ち込んだ時に破れてしまう部分があるので、後から一通りチェック。気密テープで補修を行います。


posted by 上野 真二 <家工房> at 17:31| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

桁上24ミリ合板貼り

本日は桁上断熱のための下地24ミリ合板梁が行われました。
今回は、桁上の合板を直接天井としてアラワシにする予定なので、まずは合板のスタンプを消してゆきます。


合板の表面にはネダノンのロゴマークや、JIS規格、厚みやサイズ、生産日などが印字されています。
これを電動の紙やすりでこすって消してゆきます。


電動紙やすりに、新しい荒めの紙やすりをこまめにセットしながらこすってゆくと、そこそこ簡単に消すことができます。


合板を加工しているうちに、桁の先張り気密シートの上から受材を打ち付けてゆきます。


合板貼りが始まりました


印字を消した24ミリ合板を桁の上にあげてゆきます。


合板を並べて、15センチの間隔で太めの釘で打ち付けてゆきます。


先張りシートは、このように合板をくるむように巻き込んでゆきます。


午後に現場に戻ると、桁上の気密シート梁が始まっていました。
合板の汚れ止めや防水の養生を兼ねて、この時点でシートはすべて張り込んでしまいます。


シートを重ねながら転がして敷いてゆきます。つなぎ目はすべて気密テープを貼り込みます。


小屋束を立てる穴の部分はバッテンに切り込み。これに小屋束を打ち込むことで気密は取れると思いますが、後からさらに気密テープで処理します。


シートが張り終わると小屋束を立ててゆきます。太陽光パネルを乗せるため勾配が高いため、小屋裏空間が広く普通に柱のようです(笑)
この時点で現場を離れましたが、今日のうちに屋根の骨組みは出来上がっていると思います。
posted by 上野 真二 <家工房> at 17:42| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

2階下張り合板敷き、構造用木材組立など

本日は2階の下張り合板敷きと構造用木材組立てが行われました。
上部の作業を行う前に、あらかじめ足場には全面メッシュシートが張られました。


こちらが床下張りの24mm構造用合板、商品名がネダノン。


これを昨日組まれた格子状の梁の上に並べて貼ってゆきます。


合板は182cm×91cmなので、91cm間隔の梁、2マス分あります。
これを同じ位置に4枚のつなぎ目が集まらないように1マスづつずらしながら張ってゆきます。
これを千鳥貼りといいます。


間柱は合板の上から建てますが、柱は下の梁から直接建てるため、柱の部分を切り抜いてゆきます。


加工が終わった状態。この穴に柱を差し込みます。


外周部では、梁の上まで合板を伸ばさず、受材を打ってシートの手前で止めます。


受材と梁の間に先張りシートが挟まれている状態です。


下張り合板を受材の位置まで張り込んでゆきます。


午後に現場に戻ってみると、2階の梁かけが始まっていました。


外周部の柱はシートの外側に建てられています。


2階も1階梁と同様に、外周部に先張りシートが張られ、その中に内部の梁を叩き込んでゆきます。


1階と同様に上部の穴を補修。写っているのワタシでっす。


梁を打ち込むためのこの穴を。。。


テープでこのように補修。裏表から粘着面が重なるように貼ることで信用度アップ。


今日は基礎断熱パフォームガードの上端部防蟻シーリングも行いました。
ドゥ・オール・プライを基礎よりちょっとだけ上げたパフォームガードと土台の間に打ち込みます。
当事務所仕様ではこの部分にタイベックシートが張られているので、タイベックシートとパフォームガードの間に防蟻シーリングする状態です。
パフォームガードを頑張って突き抜けたシロアリがいたとしても、土台の手前で防蟻シーリングがブロック!する仕様です。




そうこうしているうちに2階の梁が組み終わりました。1階の梁上ほど強度が必要ないので格子状にはしていませんが、この上にも桁上断熱のための合板を敷きこむため、91cm間隔で梁が掛けられています。


梁のボルト締めを行っています。2階の梁はすべてアラワシにするので、羽子板ボルトは使用せず、梁の内部にボルトを通して締め付けています。
posted by 上野 真二 <家工房> at 19:21| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。