2015年10月09日

パフォームガード防蟻処理とリビング土間床下地

本日は朝イチから立ち上がりコンクリートの型枠が解体されました。


続いて、玄関とリビングの土間コンクリートの作業に入ってゆきます。
すでに基礎の外部に12センチのパフォームガードが貼られていますが、リビングの土間床部分は冷えるとイヤなので、さらに内側に断熱処理を行ってゆきます。


まずは土間床下の基礎外周部。外気の影響を受けやすい部分です。
こちらにもパフォームガードの12センチを設置。




パフォームガードは、外周部からさらに隙間を潰すように防蟻コーキング、ドゥ・オール・プライを塗りこんでゆきます。


パフォームガードのつなぎ目にわずかに残った隙間にドゥ・オール・プライを充填してゆきます。


パフォームガードの表面にはモルタルを塗ってゆくので、その時に邪魔にならないようにヘラで表面を平らにならしてゆきます。


パフォームガードの下部は、思ったよりも隙間が大きかったので、ホームセンターからバックアップ材を購入してきて詰めました。


バックアップ材を押し込み、表面1センチほどにドゥ・オール・プライを充填してゆきます。


処理が完了した状態。下にはベースコンクリート表面に張り付けた断熱材が見えます。
今回は基礎コンクリートをほぼすべて断熱材で覆うことができました。


住まい環境プランニングさん推奨の、『基礎断熱は基礎の1センチ上まで』も今回初導入。
土台を設置した後、土台とパフォームガードの間にもドゥ・オール・プライを充填します。
防蟻効果と気密性能が同時にアップ!。。。する予定w


外周部に断熱材が設置されると、内部にかさ上げのための砕石を充填してゆきます。


午後に現場に戻ってみると、砕石が充填し終わり、表面が平らにならされていました。


外周部の断熱材と砕石の天端がそろうように充填が行われ、この上のさらに土間下の断熱材を引いてゆきます。
今回は外周部も土間もダブル断熱です。


南側の外物置とBBQスペースの土間コンクリートも一緒に打設を行ってゆきます。
端部は冬季の地面凍結で浮き上がらないように、深く掘り下げてゆきます。


posted by 上野 真二 <家工房> at 17:51| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。