2015年10月24日

気密断熱天井点検口取り付けなど

本日は天井の気密断熱天井点検口取り付けが行われていました。
今まで使用していた天井点検口も気密・断熱タイプでしたが、性能に不満があったので、城東テクノの最上位品、『SPC-S4060AH3』を採用しました。


点検口付属の断熱枠は厚さ30センチ。なかなかの厚さ!素材は基礎断熱のパフォームガードと同じ、ビーズ法ポリスチレンフォーム、いわゆる発泡スチロールですね。防蟻剤は入っていませんが。
とはいえ、メーカー公示の熱還流率は0.17W/㎡・K。
桁上断熱の高性能グラスウール16kg品(熱伝導率0.038(W/m・K)は42センチで、0.038(W/m・K)/0.42(m)=0.095W/㎡・Kですので、半分強の断熱性能となります。
まぁこのくらいの厚さがあればヒートブリッジで枠が結露したりはしないと思いますが。。。もうちょっと高断熱の点検口出してほしいですね。


枠の内部は金庫のようなハッチが。真ん中のつまみを回すことで中の断熱材が上下に分かれる仕組みになっています。


ばらした状態。枠、上断熱材、下断熱材、つまみに分かれます。すべて発泡スチロール製。


断熱材にはいたるところに気密部材がつけられています。
真ん中のつまみを回すことでこの気密部材がぎゅっとつぶれて気密が確保されます。
断熱性はちょっと不満ですが、気密性は十分とれそうですね。


小屋裏に上って、桁上の24ミリ合板を点検口の形に切り抜いてゆきます。




下端のアルミ製ハッチを取り付けてゆきます。壊れたり汚れたりしないように、断熱材は据え付けないでこのままの状態にします。


posted by 上野 真二 <家工房> at 20:21| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。