2015年11月30日

最終外観パース

外壁の色決定後の最終外観プランを貼っていなかったので貼っておきます。

変更点はアクセントの色と貼り分け場所。色は鮮やかな赤ではなく落ち着いた赤になりました。
アクセントの場所は東側のラインだけではなく南側のへこんだ部分全体に。



ついでに作った夜のパースを。TVの上に照明器具を付けたイメージ。


こちらはキッチンの上にペンダントライトを下げたイメージ。


の、全灯点灯状態。


posted by 上野 真二 <家工房> at 17:57| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成予想CG(パース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄骨階段設置など

先週末のうちに、鉄骨階段の鉄部が取り付けられていました。
設置場所はLDKの東側壁面。超高断熱住宅では上下の温度差が驚くほど少ないので、リビング階段やリビング吹抜けもぜんぜんOKです。


設置完了といっても、階段本体の鉄部だけ。これからこの上に、木の踏み板と、そのあとに手すりが設置されます。
今の段階で登っても全然ぐらぐらしませんが、さすがにちょっと怖いです(笑)


LDKの石膏ボード貼りもだいぶ進み、だいぶ形になってきました。


リビングダイニングの天井はレンジフードのダクトがあるため、1段落して一般的な2400の高さで貼ってゆきます。


2階ホールはほとんど完成形になりました。後は仕上げだけですね。


内部建具の枠も取り付けられ、細かいところの石膏ボードが張られてゆきます。
posted by 上野 真二 <家工房> at 17:44| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

ユニットバス組立と石膏ボード貼り

本日はユニットバスの組み立てが行われました。
朝イチから組み立てが始まり、午後にはすっかり形になっていました。ハヤイハヤイ。


組みあがったパネルのつなぎ目にはシーリング材が充填されてゆきます。




ユニットバスの上に上ってみると、天井パネルの裏面に断熱材が貼られているのがわかります。
もともと北海道メーカーのユニットバスなので断熱材はしっかりしているほうなのですが、まぁそれでもこんなもん(笑)
これは外気負荷に対してではなく、あくまでユニットバス内の暖かさが逃げにくいように、という目的です。ユニットバスの周りの空間に外気が入る構成なんてのはもってのほか(結構よくあります)。

それから、ユニットバスの外の空間にも石膏ボードが張られています。
これは遮音効果と、外気側に対しては気密シートの抑え効果と防火性能を期待した施工です。


大工さんはどんどん壁と天井の石膏ボード貼りを進めてゆきます。


窓や壁の出隅部分には、コーナーを丸く仕上げる部材を取り付けてゆきます。


コーナー部分はそれぞれを45度にカットして突き合わせた『とめ切り』に加工されています。


窓は下端のみカウンターの集成材が敷かれ、その他3方は出隅と同じ納め方です。
付加断熱を行っていると窓台がとても広くなるので、出窓のように見えます。


石膏ボードが張り終わった部屋ではすっかり部屋らしくなってきました。


1階の玄関やLDKの天井には、一部梁が見えるように石膏ボードが張り終わりました。
posted by 上野 真二 <家工房> at 19:30| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。