2015年11月02日

ダクトレス1種換気スリーブ取り付けなど

本日はダクトレス第一種熱交換換気システムのスリーブ取り付けが行われました。
この太い塩ビ管の中に、換気システムの蓄熱エレメントやファンがすっぽりと収まります。

ダイライトに穴をあけてスリーブを通し、金具で固定した状態。ダイライトで気密をとるので、隙間はウレタンフォームを充填して塞ぎます。


スリーブの外部側はフードの取り付けまでの防水や気密測定時のためにテープ止めしておきます。


スリーブは外壁の外側の位置まで伸ばしてあります。付加断熱と通気層、外壁の厚みを足すと壁がこんなにフケてきます。


本日はあいにくの雨天でしたので、大工さんは室内で作業を進めていました。


付加断熱層の窓枠を今のうちに組み立ててしまう作戦です。


雨のかからない玄関廻りでは付加断熱下地の取り付けを進めていました。


posted by 上野 真二 <家工房> at 21:11| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。