2015年11月05日

付加断熱下地組その③

本日お昼過ぎに現場に行ったところまだ断熱材充填までは入っていませんでした。
最後に残った2階のウッドバルコニーの付加断熱下地の取り付け中。

大・中サイズの窓下には、窓の重さで下地が垂れないように縦に支えを取り付けています。


ウッドバルコニーを受ける角材がダイライトを貫通している部分でスキマがあったのでウレタンフォームで埋めてきました。


内側にちょっと出てきているのでスキマが埋まったことを確認。


1缶使い切りたいので窓の脇の隙間にも充填。グラスウールを詰めるのが難しいくらいの小さなスキマはウレタン充填がお手軽です。


posted by 上野 真二 <家工房> at 21:31| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。