2015年11月10日

太陽光パネル架台設置など

本日は太陽光パネルの架台設置が行われていました。
太陽光パネルをはめ込む枠を取り付ける前に、まずは固定金具を屋根板金を通して、野路合板に止めつけてゆきます。


固定金具を止めつけるビスは板金やアスファルトルーフィングなどの防水層を貫通するため、しっかりとシーリングで処理を行ってゆきます。


室内では内側の高性能グラスウール充填が始まっていました。


隙間なく充填されたグラスウール。暖かそうです。


玄関ドアの取り付けも行われていたので、基礎断熱の周囲をシーリング処理してきました。


玄関ドアの下部は漏気ポイントです。後からモルタルやタイルで仕上げがおこなれますが、硬いものでは空気を止めることはできません。
前はウレタンフォームで処理しましたが、膨らみすぎて仕上げ面に付着してしまったので、今回はシーリングで処理しました。
posted by 上野 真二 <家工房> at 18:04
"太陽光パネル架台設置など"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。