2015年12月14日

玄関・リビング土間タイル貼りなど

本日はリビングと玄関の土間床に、タイルが張られました。
まずは、きれいに均されたモルタルの上に、接着用のモルタルを塗り付けてなじませてゆきます。

張る場所の形に合わせて、タイルを1枚1枚カット。薄手のタイルなので、専用のカッターで切れ目を入れると『パキッ』ときれいに割れます。
ちなみにタイルは、ネット専門の建材ショップ、『サンワカンパニー』から購入したもの。施主支給ですので、だいぶ割安です。


夕方には、リビング全面にタイルが並べ終わっていました。


最後に残った玄関を貼ってゆきます。何とか今日中に終わりそうです。


大工さんは、本日最終日。2階主寝室とセカンドリビングから出られるウッドバルコニーの床板を貼っていました。


こちらも夕方には貼り終わっていました。厚手で幅広の板で、それぞれ1,2ミリの隙間をあけてあります。
一応上には屋根がかかっていますが、防水性はないので吹き込んだ雨水はこの隙間から下に流れる感じ。


室内では鉄骨手すりの上に木製の笠木がつけられました。


鉄骨手すりはシンプルでかっこいいのですが、やはり手が当たる部分は木製のほうが温かみがあります。


posted by 上野 真二 <家工房> at 17:43| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

外部足場解体・外部防水シーリング・鉄骨手すり取付など

本日は外部足場の解体が行われました。まずは建物を覆っていたメッシュシートの取り外しから。



昨日はあいにくの大雨で、予定していた防水のシーリングが行えなかったため、本日の午前中にシーリング、並行してシートの撤去、午後イチから足場の本撤去とかなりバタバタした状況でした。


シーリングはピンクの養生テープの部分に行います。コーナーや窓の周りなどは行いますが、上から下まで1枚のスパンドレルで通していて、横はがっちりと組み合わせながら張ってゆくので、スパンドレルはシーリングの個所がとても少なくて済みます。


内部では鉄骨階段と階段吹抜けの周りに鉄骨手すりの取り付けが行われていました。


鉄骨階段を支える1本梁に溶接されたアングルに、鉄骨階段をボルトで固定してゆきます。


上部では手すりの取り付けが行われてゆきます。


こちらは構造木部にビス止めで固定してゆきます。


これは昨日の状況ですが、玄関とリビングの土間部分にタイルのモルタル下地が塗られていました。
コンクリートの仕上げではどうしても多少の凹凸ができてしまうので、できるだけ平らにするために2~3センチ薄くモルタルを塗ってゆきます。




壁の石膏ボードにはパテが掛けられています。石膏ボード同士のつなぎ目やビスの穴などに細かい粘土状のパテを塗り込み、平滑にします。
posted by 上野 真二 <家工房> at 21:46| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

アイランドキッチン組み立てなど

昨日・今日の2日でシステムキッチンの組み立てが行われました。
設置するのはLIXILのリシェルSI。天板が磁器質タイルのような素材で、すごい重厚感があります。っていうか、物理的にも重い!天板は5人がかりでやっと運びました。


収納ユニットもこの量!


ネットで注文していた土間の床タイルも搬入されてきました。


こちらもすごい量!ユニックでタイルを下した現場初めてです(笑)


外壁のスパンドレル貼りは南側の色違い部分まで進んできました。




こちらが今日の状況。足場があるのでいまいちよく見えませんが^^;


今日の午後にはキッチンも形になっていました。
キッチンが壁から独立していて、周りをぐるぐる回れるタイプをアイランド型といいます。


背面のカップボードも同じシリーズです。キッチンの重厚感に負けないものが他にありませんでした(笑)
posted by 上野 真二 <家工房> at 23:02| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工事日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。